退職代行で弁護士を選ぶポイント

弁護士

 

こんにちは!ケンジといいます。

 

司法試験に受からなくてブラック企業に勤めてた32歳です。一応、行政書士の資格をもってます。

 

ここでは、退職代行での弁護士の選び方を書いてます。

 

チェック「弁護士の知り合いなんていない」
チェック「弁護士の選び方がわからない」
チェック「おすすめの弁護士を知りたい」

 

退職代行は新しいサービスなので、

 

慣れてる弁護士さんの方が安いし早いです。

 

この辺を中心に弁護士を選ぶポイントを書いておくので、チェックしてみてください。

 

 

 

弁護士選びのポイント

ポイント

 

大きなポイントは3つ

 

チェック 値段はいくら?
チェック 労働問題やってる?
チェック フットワークは軽い?

 

詳しくお話ししましょう。

 

値段はいくら?

値段

 

・5万円が相場
・未払い給料は回収額の2割が相場

 

「退職代行やってます」とうたってる法律事務所なら、おおむねこの相場です。

 

逆に、「退職代行」をホームページに書いてない弁護士事務所は、フォーマットがなく、個別ケース扱いで高くなる可能性があります。

 

支払方法

弁護士事務所は、「着手金+成功報酬」といった形が多いです。

 

退職代行に関しては、着手金と成功報酬という風にわけてるわけではないですが、

 

・退職代行自体の料金(5万)を払わないと、会社への連絡等をやってくれない
※着手金的な感じ、前払い

 

・未払い給料や残業代の回収額ベースで報酬が決まる(成功報酬的)
回収した給料から天引きされる後払い

 

法律事務所によって多少違いはあるかもしれませんが、こんなイメージをしておくといいですよ。

 

注意点としては、
未払い給料の着手金をとる事務所もある」ということ。

 

・退職代行
・未払い給料の回収

 

これらは別件なので、それぞれに着手金をとるという考え方も成り立ちます

 

なので、退職代行をお願いする際、
「未払い給料の着手金はかからないか?」という点はチェックしておいた方がよいです('ω')ノ

 

労働問題やってる?

労働問題

 

労働問題は特殊なので扱ってない事務所もあります

 

労働問題は、民法だけでなく、労働基準法、労働契約法といった労働関係の法律がからんできます。

 

新司法試験において、労働法は選択科目のため受験していない弁護士さんもいます。

 

昔の旧司法試験では、労働法は一律に受験科目ではありませんでした。

 

でも弁護士さんは法律のプロでしょ?

もちろん、弁護士は法律のプロなので、知らない条文を読みこんで解釈して力になってくれます。

 

ただ、労働問題を専門にしてる先生の方が、

 

・色んな労働判例が頭にはいってる
・経営者側の出方を熟知してる
・労使交渉の経験が豊富

 

こういった点で、安心です。

 

 

ですので、あなたが、

 

・未払い給料を請求したい
・パワハラがある
・会社が損害賠償の話をしてきてる

 

こういった法的トラブルをかかえているなら、労働問題に慣れた弁護士さんにお願いした方が良いでしょう。

 

フットワークは軽い?

電話する

 

弁護士は忙しいのでフットワークに差があります

 

弁護士さんは、スゴク多くの事件を並行して処理してます。

 

しかも、日本全国の裁判所に出廷したり、日中事務所にいないケースも多いです。

 

だからこそ、あなたの依頼に即レスしてくれるとは限りません。

 

 

でも、退職を考えてるあなたとしては、

 

「明日にでも辞めたい」
「月末に辞めたいから、2週間前にあたる明日までに処理してほしい」

 

こういった状況だと思います。

 

だからこそ、「先生のフットワークは軽いか?」っていうのを必ずチェックしておいた方がよいです。

 

それと、先生が捕まらなかった際のスタッフのフォローも要チェック

 

「先生1人、事務員1人」みたいなところだと、事務員さんは電話番しかしてなかったりします。

 

なので、ある程度スタッフがいて、組織的に取り組んでくれるところの方が、「はやく処理して!」には答えてくれやすいでしょう。

 

場所はあまり関係ない

都会

 

電話と書類のやりとりなので、どこの事務所でも変わりません

 

退職代行は、弁護士先生と会わずに処理できます。

 

基本は、電話と郵送です。

 

なので、東京の事務所とか遠い法律事務所に依頼しても、とくに支障は無いでしょう。

 

 

むしろ、都会の事務所は、

 

・弁護士がたくさん
・スタッフも充実
・営業時間が長い(平日夜や土日も対応)
・安い(たくさん処理してるから)

 

こういったメリットがあるので、「会って相談したい!」とかじゃなければオススメです。

 

【まとめ】弁護士選び

まとめ

 

まとめましょう。

 

チェック 値段はいくら?
退職代行自体は5万円、未払い給料回収は2割」が目安。

 

チェック 労働問題やってる?
専門の先生の方が知識と経験が豊富で安心。

 

チェック フットワークは軽い?
フットワークが軽い先生、先生不在でもスタッフが充実してる事務所」の方が、即日退職に対応してくれやすい。

 

こういった点をお伝えしました。

 

また、
電話と郵送のやり取りなので場所はあまり関係ない
→「都会の専門事務所で安く早く処理してもらう選択肢もある」

 

こういった事もお伝えしました。

 

これらのポイントをふまえて、僕が選んだ法律事務所を紹介しておきますね!

 

おすすめの法律事務所


【汐留パートナーズ法律事務所】

 

値段:〇

 

専門性:◎

 

スピード:◎

 

地元性:△

 

おすすめポイント:

 

・「5万円(税抜き)、未払い給料は回収の20%
※相場の値段です。
ただ、未払い給料の着手金は無料なので、最初に5万円くらい払えば追加支出はありません。

 

退職代行を専門にしてます

 

平日は21時まで営業メールは24時間対応
※会社終わりに相談できます

 

東京の法律事務所です
※都内在住でない人で、会って相談したいって人にはむいてません。
ただ、電話とメールのやり取りで問題はなかったです。

 

 

無料相談もやってますし、「LINE相談」もありますよ。

 

 

 

退職代行をやってくれる弁護士リスト

・退職代行専門の弁護士
・退職代行業者

 

これらをリスト化しました。

 

退職代行業者に関しても弁護士と提携してる会社も多いので、参考までに掲載しました。

 

ただ「選ぶのめんどくさい」って人は、僕が上に紹介した法律事務所で問題ないと思います。

 

仕事にストレスかかえてるのに、弁護士選びでストレスかかえる必要はないと思うので(^-^;

 

法律事務所

法律事務所 ホームページ
ITJ法律事務所 ホームページ
東京すばる法律事務所 ホームページ
中野駅前総合法律事務所 ホームページ
弁護士法人 若井綜合法律事務所 ホームページ
ウィステリア・バンデル法律事務所 ホームページ
スター綜合法律事務所 ホームページ
ウラノス法律事務所 ホームページ
STO法律事務所 ホームページ
清水法律事務所 ホームページ
弁護士法人 ブレインハート法律事務所 ホームページ
旭合同法律事務所 ホームページ
天水総合法律事務所 ホームページ
弁護士法人 古川・片田総合法律事務所 ホームページ
田無法律事務所 ホームページ
弁護士法人川越みずほ法律会計 ホームページ

 

退職代行業者

退職代行サービス会社 ホームページ
EXIT ホームページ
SARABA ホームページ
プラスサービス ホームページ
退職代行ニコイチ ホームページ
退職代行サービス 辞めるんです ホームページ
退職代行コンシェルジュ ホームページ
リスタート ホームページ
kanon退職代行センター ホームページ
退職代行センター ホームページ
退職代行のミカタ ホームページ
退職代行リスタッフ ホームページ
退職代行サービス エスポワール ホームページ
カワルプラス ホームページ
スピード退職.com ホームページ
退職代行サービス アンジュ行政法務事務所 ホームページ
チェンジライフ ホームページ
退職代行サービス リタイア ホームページ
退職代行 GIVE UP ホームページ
BPH退職代行(バイト・パート・派遣専門) ホームページ
退職代行 NEXT STAGE ホームページ
退職支援アシスタント ホームページ
第食代行のオフィス・エイジア ホームページ
退職代行.com ホームページ
電話代行専門店メンター ホームページ
ヤメヨッカ ホームページ
退職代行 QUICK QUIT ホームページ

 

あとがき(退職代行体験談)

自己紹介

ページをお読みいただきありがとうございました!

サラリーマン

 

改めまして、こんにちは!ケンジといいます。

 

法科大学院(ロースクール)を卒業したんですけど、弁護士になれず就職。

 

勤めたベンチャー企業がブラックだったんで、退職代行にお願いし、円満退職しました。

 

僕は法律にくわしかったんで、「こりゃ弁護士使わなきゃいかんな」とすぐ思えました。

 

ただ、世の中は、そういった人ばかりではないので、「どなたかの参考になるかな?」って思いでこのサイトを作ってみました。

 

給料未払いにパワハラ

まあ、ベンチャーなんで、ある程度は覚悟してたんです。

 

「残業代なにそれ?」
「有給?そんな事より代休消化を・・・」
こんな感じでした(-_-;)

 

ほんとは違法なんでしょうけど、もう「あきらめ」といった感じでしたね。

 

業績が悪くなり給料が遅れはじめる

ただうちの会社業績が悪くなっていったんです。

サラリーマン

 

そうしたら、給料が遅れだしました(;´Д`)

 

「これはさすがに」と思って、社長に抗議したら、

 

「一人前に働いてから言え!」
と逆ギレヽ(`Д´)ノプンプン

 

「お前の考え方が気に食わないんだ」
みたいな人格否定のパワハラもはじまりました・・・。

 

らちが開かないので退職代行を使う

遅れていた給料が未払いに変わった段階で、
「あ、もうダメだココ」と思って弁護士を使う事にしたんです。

弁護士バッジ

 

たまたまNHKのクローズアップ現代でやってた「退職代行」の特集を見たことがあったんで、すぐ動けました。

 

ただ、僕の場合未払い給料の問題があったんで、

 

「退職代行業者よりも弁護士の方がいいな」
って思って、退職代行専門の弁護士を探すことにしたんです。

 

弁護士だしたら態度が一変

あれだけいくら文句を言っても動かなかった会社が、弁護士をだした途端に一変( ゚Д゚)

 

「弁護士バッジの力って強いんだな〜」
って実感しましたね。。。

 

あっさり辞めれてストレスフリー

結果的に、

サラリーマン

 

・有休消化で即日退職
・未払い給料は全額支払い
・未払い残業代も2年分支払い(時効にならなかった分)

 

こんな結末になりました。

 

結構まとまった金額がはいったんで、

 

「これなら海外旅行いけるじゃん♪」
「失業手当もらいながら、次の就職先探そう♪」
って感じになりました。

 

弁護士さんの退職代行様様でしたね(*´▽`*)

 

無料相談やってますよ。